「仕事ができる人」が求められている理由

前回なぜ「仕事ができる人」を出したかなんですが、ちょっと補足がてら書いてみます。

以前、ある企業さんとお話ししたときに、求めている人材を聞いてみたことがあります。その答えが、「技能の高い人を求めていない。その代わりに『仕事ができる人』がほしい」とのことでした。

この業界、技能の高い人を求めていると考えている人が多いと思います。そのためたくさん勉強をするのですが、結果、知識は増えますが経験が無いので、そういう人を実際に現場に出してもあまり役に立たない。そうなれば評価は下がります。

もちろん、技能が高ければ良いと思いますが、そのために取り組む時間がかかれば後手後手に回ります。技能を磨くには会社に入ってからでもいいのです。周りが全員プロですし、企業は給与を支払っているので育成もするでしょう。まずは基本を押さえることが大事なのです。

ただし、これらは年若い人に向けての場合になると思います。年齢が高くなれば要求されるレベルも上がります。勘違いしてはいけません。