「Webデザイナー」に求められているもの

基本を押さえる、という話がでましたが、IT系の業界でどのような業種があり、何を求められているか挙げてみます。まずは「Webデザイナー」から。

Webデザイナーに求められているのは「デザインの技能」。何かを作るにしても、自分勝手に作るのであればそれは誰でもできること。何かをデザインしたことで、どんな理由があるのか、それを見て何が分かるのか、周りに何が伝わるのか。そのために色のバランスや情報の配置の仕方、キャッチコピーや文章の書き方やなど、情報を伝えるための手法を勉強しておく必要があります。

デザインを学ぶにはDTP、紙媒体の方がたくさんのことが学べますが、紙の知識でデザインを作り上げてもWeb上ではまた違う知識、ブラウザ上で見せるための技能、HTMLやCSSなどについて知っている必要があります。

それから、デザインするためのツール、PhotoshopやIllustratorなどについても使えるようにしておく必要があります。