URLの正規化

前回書いたパーマリンクからの続きとなります。サンプルソースを掲載する時間が無いので参考サイトを紹介しておきます。

URLの正規化

「他にやっておくこと」とは、まずURLの正規化です。URLを入力するとき、結果的に同じ場所を示していても、記述が違うと実際には「別なモノ」そして扱われます。そのため、URLの記述方法をルール化する必要があります。ルール化するものとして下記があります。

  • サブドメインwww
  • トレイリングスラッシュ(/)
  • index.html

例えば、「hogehoge.com」というドメインを取得したとします。URLは「http://hogehoge.com/」となります。ここに上記3つを付記しても、表示上では同じ場所に辿り着きますが、内部的には全て違う場所を指します。

wwwはサブドメインで、過去wwwを付けるのが一般的だった名残です。末尾のスラッシュ(トレイリングスラッシュ)は無くても自動で振られるようになっています。index.htmlはサーバー側のデフォルトで自動的に飛ばされるようになっています。

これらを統一させる方法は.htaccessで「301リダイレクト」させるのが一般的です。
301リダイレクト

canonicalの記述

次は、head内にcanonical(カノニカル)で、リダイレクトしたURLをソースコードから検索エンジンに対して適切に伝えます。canonicalはGoogle、Yahoo!、Microsoftの3社がURLの正規化のために2009年2月12日からサポートされたもので、「hogehoge.com」だと下記のようになります。

link rel=”canonical” href=”http://hogehoge.com/”

httpエラーページの適切な誘導

最後に、何らかの原因によりサーバーエラーが表示された場合のページについて。404エラーなどが有名ですが、通常は味気ないエラーページが表示されます。このページをサイトのページ構成したものと切り替えることにより、ユーザーに対して優しいページとなります。

しかし、全てのエラーページを一つにして良いモノでしょうか。サーバーエラーはそのエラー内容により種類があり、全て設定することはありませんが、基本的なケースを押さえておくとよりユーザーに優しいサイトとなるでしょう。
HTTPステータス・コード
リダイレクト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*