WordPressしか使っていない理由

WordPressはバージョン2あたりからずっと使っていて、仕事もそれ以外やっていない。他のCMSを使っていないまま今に至ったのは何故だろう?と、ふと思ったのでその理由を書いてみようと思いました。
結論からいうと、お金の問題になります。ただ、2つの側面があるのでそのことを書いていきます。

開発側から見たお金の話

WordPressの一番のメリットは「無償」で使えることにつきます。有償で良質なCMSもありますが、導入に別途費用がかかるというのは提案する方もプレッシャーがあります。
また、無償により制作費用を抑えることができる、ということはその分内容に余力を避けることが可能になりますし、その結果クライアントとの良い関係に繋がる可能性もでてきます。
また、企業の運営方針にもよります。私も過去にいくつかのCMSを勉強して社内プレゼンしたことがありましたが、すべて蹴られました。理由は「金がかかるから」。やっぱりタダというのは印象が違うようです。

クライアントから見たお金の話

クライアントの多くはWebサイトについてあまり詳しく知りません。それよりも自分たちのお店の経営や生活の方が大事だからです。Webサイトに興味はあるものの何を持って判断をしていけば良いのか、そもそもの価値基準が分からないですから、そこに気軽に大金を投資したくないのは当然かなと思います。
なので、「安くて綺麗で簡単に使いやすいサイト作れない?」という話になります。安くて高品質なWebサイトがほしいわけですから、導入費用を抑えることができるWordPressは依頼する側にとっても大きなメリットになります。

でも、これではダメだよね

こうやって偉そうに書いてみたのですが、他のCMSを使えるようにできなかった自分の言い訳にしかなりませんでした。
車を買うときにディーラーに相談すると、自社で作った車以外の質問をしても色々アドバイスが帰ってくると思います。過去にクライアントとCMSの話をしていくときに、WordPress以外のCMSを提案した方が結果良くなる可能性があったのですが、知識が無く返って選択の幅を狭くしてしまったことがありました。
WordPressなら右に出る者がいない、くらい極めていれば専門の開発として技術力を認めて貰えると思いますので、やるならとことんまで突き詰めた方が喜ばれると思います。

WordPress MeetUp参加

明けましておめでとうございます。今年ものんびりと薄い内容を書いていこうと思います。
去年ですが久しぶりにセミナーに顔を出してみました。札幌(Sapporo) WordPress Meetup vol.03ですね。定期的に開催する、ということで来年2月に決定しています。私はCMSはWordPressしか使えないので新しい情報があれば参考になるだろう、という考えです。

WordPress5.0

新バージョンの大きな目玉といえば、新エディタ「Gutenberg」。やはりというか採り上げられました。
ブロックと呼ばれる小さなボックスを使い、マークアップができない人でも簡単に見た目良い記事を投稿することができる。という印象です。ただ、どうしても実装したばかりの機能のためか、バグが多いのと、すでに公開済みのWebサイトとの折り合いが難しいという話でした。
勉強、ということで少しいじってるのですが、慣れるとこちらの方が作りやすい気がします。案件としてゴリゴリマークアップする人だと困るかもしれませんが、運営をWeb知らないクライアントが行うと考えると大きなメリットがあると思います。まあ、この場合もっと使い勝手のいいCMSが候補に入るのかもしれませんが。

DockerでWordPressを使う

個人的にはこの話がかなりヒットしました。以前色々な言語を勉強しようと思いVagrantで仮想環境を作ったのですが、重い。結局、仕事で使うわけでもなくSSDが圧迫されたので削除しました。この後、従来通りXAMPPでWordPress構築とかしていたのですが、バーチャルホストの設定がLaravelと上手くかみ合わず。環境がそれぞれ独立できればなーと感じていたので、WindowsでDockerが使えるよ、という良い情報を得られました。
まだ構築していないのですが、近いうちに試してみたいと思います。