スライスの3ソフト別比較

SaCSS Vol.21で話しました、WEBデザイン制作3ソフトについてまとめたものをアップしました。興味ある方はご参考下さい。 WEBデザイン制作で使われるソフトはPhotoshop、Illustrator、そしてFireworksが主に使用されています。これら3ソフトでWEBデザインを行った場合、どのような特徴があるのかを調べました。

Fireworksの特徴

スライスはFireworksが一番機能に優れています。WEBデザインで重宝するのは次の機能でしょうか。
  • スライス用レイヤーの存在
  • スライスレイヤーの重ね順による書き出し優先
  • シンプルロールオーバーによるロールオーバー画像の書き出し
  • ピクセルスナップによるアンチエイリアスの削除(CS5)
  • グラデーションディザによるバンディングの低減(CS5)
  • HTMLテキストの太字設定が可能
  • ピクセル単位での制作・移動・調整
ロールオーバー画像については現在ではCSSスプライトとjQueryを併用することが広まっているため、必要性は下がっています。 また、オブジェクト名の変更を行う場合、より簡単にできる「1 Slice Name Changer」というのがあります。Fireworks8、CS3、CS4のみの対応ですが、該当バージョンを持っている方は入れると作業が捗ります。 詳しくはURLをご確認下さい。http://d.hatena.ne.jp/zakira/20090612

Photoshopの特徴

WEBデザイン用途して重宝するのが画像やタイポグラフィの加工、制作です。
  • スライスはスライスツール、ガイドによるスライス、レイヤーによる3種類
  • グリッド指定可能(※グリッドがあってない場合があります)
  • シェイプによる設置後の編集が可能
  • スマートオブジェクト機能
  • ロールオーバー画像は別途レイヤーかファイルを用意
PhotoshopCS4にはFireworksの様な疑似スライス機能を持ったプラグイン「スライスチップ作成パレット」があります。 詳しくはURLをご確認下さい。http://lovwar.com/blog/?p=216

Illustratorの特徴

IllustratorCS5になってWEB用途の新機能が追加され、WEBデザインの制作効率が上がっています。
  • スライスはスライスツール、ガイド、選択範囲からスライス、スライス-作成の4種類
  • ピクセル整合による正確なボケない画像制作が可能(CS5)
  • テキストのアンチエイリアスが実装(CS5)
  • ロールオーバー画像は別途制作が必要
IllustratorはDTPレイアウトが基本のため、下位バージョンだとピクセル太りなど細かい問題が生じます。 そのため、WEBデザインするためのルールを設定しておく必要があります。 http://kojika17.com/2011/01/how-to-slice-the-ai-data-for-illustrator.php 結論としてはFireworksを使うのが一番バランスが良いです。ただ、各ソフトで一長一短があり、現場で制作環境によりソフトが決まるかと思われます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*