IT業界に向いていない人だなぁと思ったこと

2020年に小学校でもプログラミングが必修となり、知名度が上がったため、社会人もプログラマになろう、という人が増えています。そんな人たちを山ほど見てきて、「上手くいかないだろうなぁ」と思った人たちのことを書いてみます。

前もって言っておきますが、かなりひどいことを書いています。

頭の回転が遅い人

どの業界も優秀な人材がほしくて探してます。能力的に劣ると分かる人を雇うほど社会は優しくありません。日本もその傾向が大きくなってきました。頭の回転を速くする方法はあれば私が知りたいです。劣ると思う人は何かしら別なことでもいいので能力があることを社会に認めさせる必要があります。

努力だけする人

IT業界を目指す人に多いです。度食することは素晴らしいですし、一つの才能と呼べるでしょう。ですが、自分が持っている能力は外に出さない限り誰の目にも触れませんので、評価されることはありません。どれだけ素晴らしい才能や知識、経験を持っていても全くの無駄になります。

目先を優先する人

若い人に多い傾向があります。目先を優先することは特段間違ったことではありません。ただ、「宵越しの金は持たぬ」を地でいく人だとかなりの困りものです。年を取ってからその重要性に気づいても遅い状態になりかねません。

目標を立てない人

何も考えずに1日その日暮らしはそれは楽しいものです。しかし自堕落な生活は無駄な時間を費やすことに繋がります。ゴールを決めて進めた人とそうでない人の差はあきらかです。成功者はそれだけのことをやっています。

効率を追求する人

ある程度経験を積んだ社会人に多いです。「効率」は、行動に移したことが上手にいかなかった反省から生まれます。何もしていないのに効率よく進むことはあまり無いと思うのですが、机上の空論を掲げて偉そうに振るまう人が後を絶ちません。

自分が世界の中心だと考えている人

自分のことがかわいいと思っている人が極まるとこうなりやすいです。上手くいかないことがあると自分の責任を放棄して、他人が悪い、組織が悪い、団体が悪い、と暴走がとどまることを知りません。その上、強いものへはへつらい、弱いものへ攻撃するようになるので始末に負えません。

他人や何かを利用する人

楽をして金儲けしたい、自分に自信がある人に多いです。最初から下心ある人と付き合いたい人は少ないでしょう。また、利用する、ということは利用されることと同じです。一歩間違えると利用されるだけされて使い潰されるだけの人生になります。

信じていない人

自分で選んだことなのに、最初から「上手くいかない」と考えている人が何かしらのことを成功するとは思えません。自分に言い訳をして安心したい人とは誰も仕事をしようとは思わないでしょう。自分に責任を持ってください。

不満が外に漏れる人

上手くいかないことがあるとそれがすぐ外に出る人がいます。愚痴であったり、行動であったり、言い訳であったり様々です。察してほしくて構ってほしいのでしょうが、ウザイ、うるさいことこの上ありません。

頑張っている自分をアピールする人

本当に一生懸命な人は「頑張っている」とはいいません。簡単なハードルを越えるのは「頑張った」とは言えません。他の人はみんな高いハードルを掲げ、自分の限界を超えるために自分の人生を頑張っていますよ。

精神的に弱い人

人間ですから感情に流されることもあるでしょう。ですが、そばにネガティブなことをばかり話す人がいると、周りに大きな影響を与え、全体も駄目になっていきます。そんな人を社会は必要としませんし、そもそも相手にされません。

成すべきことをやろうとしない人

部屋の片付け中に見つけたアルバムを見て1日が 終わる、あるあるですよね。面倒くさいことはやる気も起きませんが、何を優先してこなしていくか、考えながら行動していかないと無意味な時間を費やすことになります。時間は有限なのです。

諦めている人

年を取ると体力、精神力、気力すべてが衰えます。そうなると早々に諦める癖が付くようになります。そして、諦めを言い訳に自分は偉い、すごいと暗示をかけるようになります。誰もあなたのことを気にしていないのにね。

人生を生きようとしない人

自分の人生に投資をしない人が増えました。景気の悪さよりも、楽な方、駄目な方へ選択する人が増えているのだとおもいます。それはすごく楽で楽しい人生かもしれません。けど、果たして生きていると言えるのでしょうか。

WordPressしか使っていない理由

WordPressはバージョン2あたりからずっと使っていて、仕事もそれ以外やっていない。他のCMSを使っていないまま今に至ったのは何故だろう?と、ふと思ったのでその理由を書いてみようと思いました。
結論からいうと、お金の問題になります。ただ、2つの側面があるのでそのことを書いていきます。

開発側から見たお金の話

WordPressの一番のメリットは「無償」で使えることにつきます。有償で良質なCMSもありますが、導入に別途費用がかかるというのは提案する方もプレッシャーがあります。
また、無償により制作費用を抑えることができる、ということはその分内容に余力を避けることが可能になりますし、その結果クライアントとの良い関係に繋がる可能性もでてきます。
また、企業の運営方針にもよります。私も過去にいくつかのCMSを勉強して社内プレゼンしたことがありましたが、すべて蹴られました。理由は「金がかかるから」。やっぱりタダというのは印象が違うようです。

クライアントから見たお金の話

クライアントの多くはWebサイトについてあまり詳しく知りません。それよりも自分たちのお店の経営や生活の方が大事だからです。Webサイトに興味はあるものの何を持って判断をしていけば良いのか、そもそもの価値基準が分からないですから、そこに気軽に大金を投資したくないのは当然かなと思います。
なので、「安くて綺麗で簡単に使いやすいサイト作れない?」という話になります。安くて高品質なWebサイトがほしいわけですから、導入費用を抑えることができるWordPressは依頼する側にとっても大きなメリットになります。

でも、これではダメだよね

こうやって偉そうに書いてみたのですが、他のCMSを使えるようにできなかった自分の言い訳にしかなりませんでした。
車を買うときにディーラーに相談すると、自社で作った車以外の質問をしても色々アドバイスが帰ってくると思います。過去にクライアントとCMSの話をしていくときに、WordPress以外のCMSを提案した方が結果良くなる可能性があったのですが、知識が無く返って選択の幅を狭くしてしまったことがありました。
WordPressなら右に出る者がいない、くらい極めていれば専門の開発として技術力を認めて貰えると思いますので、やるならとことんまで突き詰めた方が喜ばれると思います。